Fujiのカメラとレンズをキャッシュバックを使ってお得に購入する方法

FujiX-T1

Fujiの製品は基本、あまり安くならないんですよね。

新品はもちろんですが、中古でも、人気のレンズはほとんど値段が下がりません。

カメラも型落ちすることはあまりないのですが、特にレンズのフラッグシップモデルはハズレも失敗もほぼないので長く使い続けるユーザーが多く、みんな手放さないんです。

仮に中古でお買い得なものが出たとしても、すぐに売れてしまいます。

 

そんなFujiの製品をキャッシュバックを使ってお得に購入できるのが、年に一度のお年玉キャンペーンなのです!

 

お年玉キャンペーンとは?

Fuji レンズ キャッシュバック

何度も言いますが、Fujiの製品はあまり安く購入できる機会はないです。

ですが、毎年1月のはじめから終わりにかけて、お年玉キャンペーンというのをやっています。

夏にも同じようにお得に買える期間がありますが、レンズがお得に買えたりするのも冬のこの時期しかないし、カメラとレンズの同時購入で、なんと最大25000円のキャッシュバックがあるんです!

だいたい毎年やっていますので、もしカメラやレンズの購入を検討されていて、少しでもお得に購入したい!というかたはぜひこの時期までじっくり検討して、お年玉キャンペーンを使って購入することをおすすめします。

 

お年玉キャンペーン利用方法

保証書をコピー

対象のカメラやレンズを買って、販売店のハンコが押してある保証書のコピーを専用のパンフレットに添付します。

レシートまたは領収書をコピー

商品名、日付、販売店名、金額が記載されているレシートまたは領収書を貼り付けます。

もし、アマゾンとか楽天などのネット販売で購入された場合でも、アマゾン・楽天の領収書、もしくはカード会社が発行する領収書で大丈夫です。

その際、原本を送ってしまうと後で何かあったときに保証がなくなってしまうので、必ずコピーを送ってくださいね。

箱についているバーコードを切り取る

製品の箱の側面にバーコードがついているのでそれを切り取って、一緒に添付します。

 

アマゾン・楽天などで購入する場合

店頭で購入した場合はお年玉キャンペーン専用パンフレットを商品と一緒に持って帰ることができるのですが、アマゾン・楽天などで購入した場合、レシートは発行できるものの、肝心のお年玉キャンペーンの専用申込書がありません。

そんな場合はFUJIFILMのキャンペーンサイトからダウンロード&プリントアウトできます。

 

お年玉キャンペーンで注意すること

箱を切り取る必要があります。

製品の入っている箱を切り取って送る必要があるので、例えばレンズを売ろうと思った場合、マイナスポイントになるかもしれません。

なので、もし箱を切り取りたくない、という方はキャンペーンでの購入はやめた方がいいと思います。

でも、対象レンズ一番安いキャッシュバックでも5000円、最大レンズと本体セットで25000円のキャッシュバックなので、箱を切り取るか、残しておくかは悩むところではないでしょうか。

カメラ本体だけだとキャッシュバックがありません。

お年玉キャンペーンでは、レンズだけでなくX-Pro2やX-T2、X-T20といったカメラ本体(2018年)もキャッシュバックの対象になるのですが、これはあくまでレンズと同時購入の場合なのでご注意ください。

でも、レンズキットのカメラの場合はキャッシュバックの対象になるのでこれからはじめてFuji製品を購入される、という方にはとってもお得なキャンペーンですよね!

 

私もお年玉キャンペーンで購入しました!

Fuji 23mm f1.4

ちなみに私は昨年のお年玉キャンペーンでX-T1と18−55mmのレンズキットをキャッシュバックを使ってめっちゃお得に購入し、今年のお年玉キャンペーンではついに念願のXF23mm F1.4 R も買ってしまいました!

XF60mm F2.4 R Macro以外は全てお年玉キャンペーンで購入しています。

 

キャッシュバックはどうやって受け取るの?

Fuji レンズ キャッシュバック

所定の応募用紙に必要事項を記入して保証書などを貼り付け、郵送します。

すると、富士フイルムから郵便為替という形で送られてきますよ。

応募用紙に記入する手間と郵便局までお金を換金しに行く手間はありますが、額が大きいので(5000円から最高25000円)絶対に利用するべきだと思います!

 

一眼レフのレンズって、高いですよね。。。

本体よりも高いのが普通の世界です。

少しでも安く買える機会を利用して、ぜひぜひお得にゲットしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。