写真をちょっと明るめ、ちょっと暗めに取りたいとき。露出とは?

逆光1

お読みいただきありがとうございます。

前回に引き続きまして、今回はカメラ用語でいう、「露出」のお話しです。

 

露出、と言われるとピンとこないかもしれませんが、言葉の意味そのままに、さらけ出す、という意味です。

いかにセンサーを光にさらすかを決めることを、

 

「露出を決める」

 

と言います。

つまり、写真の明るさを決めることですね。

 

F値もシャッタースピードもISO感度も、この露出を決めるために色々と操作するのです。

 

オート撮影で露出を決める時

では、F値もシャッタースピードもISO感度も自分で決めないで、オートで撮影する時とか、絞り優先なんかで撮影するときはどうでしょうか?

 

このような場合、露出はカメラが決めてしまうので、自分が撮りたいイメージより明るくなったり、暗くなったりする場合があります。

 

そんなときは・・・

 

カメラに「+1、2、3」「-1、2、3」っていう数字、ないでしょうか?

これが露出補正機能になります。

 

露出補正

Fuji X-T1ではここにあるので便利です。

 

実はこの数字を動かすことで、オート撮影でも露出を自分で決めれるのです。

 

プラスの数字が大きくなるほど写真が明るくなって、逆にマイナスになるほど暗くなります。

 

もしカメラが思っている適性露出よりも明るめに撮影したい場合、露出を+1、+2、と、プラス側に設定します。

露出補正+1

露出補正

露出補正+1

露出補正+2

全体に明るくなってきていますよね?

 

露出補正+1

露出補正0

露出補正−1

露出補正−2

反対に、マイナス側にすると露出は暗めになります。

 

逆光の場合

実は、逆光で被写体が暗く写ってしまう、というような場合でもこの露出補正機能は大活躍します。

逆光になると、周りの明るさにカメラが騙されて、

「暗く写さなきゃ!」

と、勘違いしてしまうので、被写体まで暗く移してしまうんです。

なので、そんな場合はプラスに補正してあげると暗くならずにちゃんと写ります。

葉っぱの色とか葉脈とかがわかるようになりました。

白とびの場合

暗めのテーブルクロスとか、暗い色の木のテーブルの上に真っ白なお皿を乗せて撮影したとき、お皿が真っ白に、白とびしたことはないでしょうか?

こんなときは、またまたカメラが周りの暗さに騙されて、

「白く写さなきゃ!!」

と、勝手に写真を暗くしています。

こんなときはマイナス補正にしてあげるとお皿の白が落ち着いて、繊細な陰影がはっきりするようになります。

あと、黒いものを撮影すると、思ったよりも明るめに写るときが結構あります。

例えば、パンの焦げ目は暗く写したほうが美味しそうに見えたりします。

そんな時もマイナス補正をすると、黒がしっとり落ち着いて、いい感じの写真になりますよ。

 

まとめ

オート撮影で・・・

プラス補正→明るくしたいとき・逆光のとき

マイナス補正→暗くしたいとき・白とびするとき

となります。

オートで撮影するとなんとなくフツーの写真になるなー、という場合でも、露出を補正できればより雰囲気のある写真にすることができますよ!

ぜひお試しください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。