私がFujiのミラーレス一眼に出会うまでのあらすじ

FujiXT-1

はじめまして。このサイトの管理人、あやと申します。

お読みいただきありがとうございます。

 

当サイトを初めて訪れていただいた方のために、簡単に自己紹介させていただきたいと思います。

 

一眼レフとの出会いはフイルムカメラ時代に購入したニコンです。

型はもう忘れてしまいました。

芸大に行ってたこともあって、作品の撮影のために購入したのですが、すっかり写真にはまってしまい、旅行の写真とか、スナップとか、いっぱい撮っていました。

そして、F3に出会い、(見た目とシャッター音に)一目惚れ。

往年の名機、と呼ばれていた、マニュアルでしか撮影できないカメラです。

フイルムも手巻きでした。あの感触がめっちゃいいんです・・・。

 

それから外国暮らしだったので、いろんなところに行っては風景とかスナップを撮りまくってました。

 

でも・・・

 

なんせ、見た目だけでカメラを選んだ私には、被写界深度がどうとか、露出がどうとか、教えてもらってもさっぱりわからなかったので、いつも適当に撮ってました。

なので失敗も多く、一緒に旅行に行った友達がコンパクトカメラで撮った写真の方がキレイで悔しい思いをする、なんてこともしょっちゅう。

 

「今のカメラは性能がいいので、下手に素人の私がカメラをいじって撮るより、カメラに任せたほうがいい写真が取れるのでは?」

 

という疑念が。

 

しかも、一眼レフって、女子には相当重いんですよね。

 

「重い重い一眼レフをカバンに入れて肩こりしてまでわざわざ持って行ったのに、あんまりいい写真撮れなかった。」

 

となったら、もう本当に嫌になってくるのです。(当時はフイルムだったので、現像するまで写真の出来上がりが見れませんでした。)

 

そうこうしているうちに、カメラはデジタルが当たり前、という時代を迎え、結局、撮れればなんでもいいや、となり、コンパクトデジカメ(コンデジ)を買いました。

 

それから仕事で商品写真を撮ることになって、しばらくはコンデジを愛用していたのですが・・・。

やっぱり、使っていくうちに、「もうちょっと背景がボケて欲しい。」とか、「もうちょっと寄りたいのに・・・。」とか、「もうちょっとここがこうなって欲しい欲」がいっぱい出てくるようになったのです。

 

で、一眼レフを探しにカメラ屋さんに向かいました。

 

最初は交換レンズも種類が多くて価格も手頃なキャノンの入門機で十分かな?と思ってたんですが、色々触っているうちに、

「液晶モニターの操作方法がわからない。」

ということに気がついたんです。

 

「ただでさえ基本的な写真の知識がない上に、これ以上カメラの使い方を勉強するなんていやだよう・・・。」

と思っていたところに、隣にFujiのブースがありました。

正直、カメラというよりフイルムのメーカーだと思っていたし、ミラーレス一眼は全然視野にはなかったのですが、カメラを見てびっくり。

FujiX-T1

あのマニュアル感とか、プラスティックじゃなくて金属なところとか、F3に似ているんです。

 

「これならわかるかもしれない。」

 

と思ってたところにFujiの店員さんがやってきて、色々教えていただきました。

カメラって、買っても使いこなせないのが一番勿体無いと思うんです。

じゃあ、コンデジでいいじゃないか、軽いし、となりますよね?

でも、Fujiの店員さんはわからないことがあったらいつでも気軽に持ってきてください、と言ってくれて、これが購入の決め手になりました。(あ、でも、一番の理由は見た目かもしれません。)

ちなみに本当にいつでも持って行ってわからないこととか聞きまくっていますし、めっちゃ熱く教えてくれます。

 

そして、Fujiでは、Fujiのカメラを購入した人を対象に、無料で講習会をしてるということもこの時に教えてもらい、入門、初級編から撮影会に至るまで、通いまくりました。

撮った写真を1日1枚インスタに上げることを自分に課し、修行のように撮りまくった結果、だいぶ、思い通りの写真が取れるようになって、写真を撮るのがますます楽しくなりました。

 

でも、一番の収穫は、自分の中の「こんな写真が好き」とか、「こんな写真が撮りたい」というのが明確になってきたことだと思います。

 

たくさん写真を撮ったりたくさんの写真に触れたりしていくうちに、技術だけじゃなくて、写真を見る目も育ってきたのかな?

 

とはいえ自分でもまだまだだと思っています。

さらに磨きをかけるため、日々写真を楽しんでいます。

FujiX-T1

長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。

こんな私なのですが、少しでもカメラの技術とか、魅力を共有できたらな、と思っています。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。